医院ブログ|住吉区我孫子東,あびこ駅で予防歯科・矯正歯科をお探しの方はハービー歯科・小児矯正歯科まで


歯並びと呼吸について

2018年10月19日

こんにちは、

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川です。

 

今回は、

「歯並びと呼吸について」

をお話ししていきたいと思います✌️

 

「歯並びと呼吸?」

 

この2つに、接点はあるのでしょうか?

 

実は、非常に密接した関係があります。

 

特に、呼吸の仕方‼️

 

つまり、鼻呼吸なのか!口呼吸なのか!

 

「口呼吸」の患者さんは、「鼻呼吸」の患者さんに比べて、歯並びの良くない場合が非常に多いです。

更に、「口呼吸」をしていると、虫歯や歯周病にもなる確率が高くなります。

更に更に、ウイルスなどによる感染も

「口呼吸」の方が、鼻呼吸よりも約9倍の確率で感染します。

その他にもイロイロと、、、。

 

とにかく、

「口呼吸は、良いとこなし‼️」

なのです‼️

 

なので、口呼吸の改善は、お身体の健康を保つためには、必要不可欠なことなのです✨

 

口呼吸なのですが、こんなに悪い呼吸方法なのに、なんでこんなに口呼吸をしている人が多いのか?

 

一つには、小児期からの呼吸に関する取り組み不足が考えられます❗

この内容に関しては、また、今後のブログでお話しする予定です✌️

 

話を戻して、なぜ、「口呼吸」をしている人が多いのでしょうか?

 

それは、口呼吸しているかどうかの認識が本人になく、更に、周りの家族の方も気が付いていないからです。

また、周りの人から、「口呼吸」を指摘されることもあまりないからです。

 

では、なぜ、「口呼吸」を自分自身で認識する事が出来ないのでしょうか?

 

それは、癖だからです‼️

 

なので、自分で口呼吸を認識する事が出来ないのです✨

おまけに口元なので、自分の視界に入らず

余計に気がつきません😢

 

いつ、「口呼吸」に気が付くか!というと

歯医者に行った時ではないでしょうか‼️

その時に歯医者から「口呼吸」を指摘されるという流れだと思います。

 

ただ、ここで、「口呼吸」と言われてもあまり実感が湧かない‼️というのが現状ではないでしょうか😢

 

それにより、特に、痛みもなく、辛さもなく、日常の生活において影響がある訳でもない🤔

 

一見、直接的な影響がないように思われる

「口呼吸」‼️

 

しかし、

実際は、そんな事はありません😢

多くの病気に関連しています。

 

そして、

口呼吸は、歯並びへの影響も大きく

歯科矯正治療をしている私たちにとって、大きな壁となります。

 

まずは、

口呼吸は、癖であり本人の自覚がないので、

「口呼吸」しているということをどのように患者さんに気付いてもらえるか‼️

 

ここから口呼吸の改善の取り組みがスタートします。

 

現在、多くのお子さんが「口呼吸」をしています‼️

少しでも、お子さんの口呼吸の改善をしたいとお思いの親御さんは、是非、ハービー歯科まで✌️

 

詳しくは、

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川まで

宜しくお願い申し上げます✌️