住吉区あびこにある歯医者 ハービー歯科・小児矯正歯科の院長ブログをご紹介します

時間 日・祝
9:30~13:00 / /
15:00~20:00 / /

予約制(急患新患随時受付)
★:土曜午後は18:00まで

御堂筋線あびこ駅から
徒歩2分
初診予約フォーム
矯正無料相談
日本小児歯科学会 認定医

早期治療によって、不正咬合を予防します✌️

2019年8月9日

こんにちは😄

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川です✌️

今回は、

「早期治療によって、不正咬合を予防します✌️」

というお話し😄

では、

「早期治療によって、不正咬合を予防します」

とは、どういう意味なのか?

それは、

早い段階から矯正治療を行うことにより、歯並びが悪くならないように予防することが出来る✌️

という意味になります😄

そこで、一つの疑問が生まれます‼️

「早期治療」

「早い段階から」

は、一体、いつなのか⁉️

現代の小児矯正では、本当にそこがポイントとなります✌️

早期治療の最適な時期は、7~8歳となります✌️

出来れば、個人差もありますが、6歳位から早期治療がスタートできれば、尚、良いと思います。

しかし、多くの患者さんは、9~10歳を過ぎてから、ハービー歯科に来院されます😢

なぜでしょうか⁉️

その一つに、永久歯の生えかわりが、ゆっくりということが言えます⁉️

・なかなか、乳歯が、永久歯に生えかわらない⁉️

・なかなか、永久歯が生えてこない⁉️

特に、上顎の前歯🤔

なぜでしょうか⁉️

まず、考えられるのが、生えかわる永久歯が非常に大きい場合です‼️

そうなると、ただでさえ、上顎(鼻がある上の顎)の成長発育が少ないという私たちの額顔面の特徴に対して、これは、非常に厳しい状況となります🤔

成長発育が少ない上顎に対して、大きな永久歯が生えようとしているのですが、その永久歯は、生えるための隙間(スペース)がないために、中々、生えてこない‼️

そのようなことが、この時期、お子さんには起こっています🤔

では、どうすれば良いか⁉️

永久歯が、生えてくるための隙間(スペース)を作るために

上顎を成長発育させてあげる✌️

では、どのようにして上顎を成長発育させてあげるのか‼️

一番、オーソドックスな考え方として、

「上顎を矯正器具で広げてあげる」

というのが、

一般的ではないでしょうか⁉️

但し、この考え方‼️

一つ問題があります‼️

それは、上顎の成長発育が少ない❕

という結果に焦点を合わした治療方法だからです‼️

つまり、

結果を診断し、結果を治療する‼️

結果しか診ていないのです😢

ハービー歯科・小児矯正歯科の考え方は、もう一歩進んだ

原因を診断し、原因を治療する✌️

本来であれば、5~10歳の時に上顎が成長発育していかなければならないのに、

その上顎の成長発育が少ない原因は、一体、何なのか⁉️

ハービー歯科では、そこを探りながら小児矯正を進めていきます✌️

「早期治療によって、不正咬合を予防します✌️」

とは、

「原因治療によって、不正咬合を予防します✌️」

と言い換えられるのではないでしょうか⁉️

詳しくは、

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川まで✌️

宜しくお願い申し上げます🙇

小児矯正のページは、こちらへ😄

https://www.ha-bie.com/po.html

 
ページトップへ