住吉区あびこにある歯医者 ハービー歯科・小児矯正歯科の院長ブログをご紹介します


指しゃぶりの良い所✌️

2019年11月24日

 

こんにちは、

「健康に基づいた歯の美しさ」を提案する

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川です😄

 

今回は、

「指しゃぶりの良い所✌️」

というお話し😄

 

「指しゃぶり」というと、

・歯並びが悪くなる🤔

・出っ歯になる🤔

・悪習癖

など

 

何か悪いことしか連想されないような感じがしますが、そんなことはありません✨

 

「指しゃぶり」にも良い所は、沢山あります✌️

 

指しゃぶりをしている時、お子さんは、何をしているのでしょうか⁉️

 

それは、

「吸う、吸う、吸う」

 

この吸っている時の口の中は、どのような状況なのか⁉️

 

それは、指しゃぶりで吸っている親指を👅(舌)で上顎に押し上げているのです✌️

 

つまり、👅(舌)が上顎に付いている状態なのです✌️

 

「👅(舌)が上‼️」

 

これが!本当に大切なんです‼️

 

「指しゃぶり」や「おしゃぶり」は、これを、早い段階からお子さんが学ぶことが出来ます‼️

 

 

ところで

私たちが、日常の診療で、歯並びが良くないお子さんの特徴‼️

それは、

「低位舌」⁉️

 

低位舌って何❔

「👅(舌)が、下」

つまり、👅(舌 )が下顎の歯列に常にある状態です。

 

 

ちょっと、待ってください⁉️

ここで、オカシイ?と気付きませんか⁉️

 

歯並びが悪くなると言われている「指しゃぶり」は、歯並びが悪くなる「👅(舌)が下」ではなく、👅(舌)が上になるのです🤔

 

「指しゃぶり」は、吸うことにより、「👅(舌)が上!」になるので、逆に歯並びには、良いのでは⁉️

ということになります✌️

 

つまり、

2歳位までの指しゃぶりは、「👅(舌)を上」にする効果があるので、良い歯並びになるためには効果的なのですね‼️

 

 

しかし、この時期(0~2歳)に「指しゃぶり」や「おしゃぶり」をしないと、しっかりと吸うことを学ぶことが出来ず、👅(舌)が下になる「低位舌」になってしまう場合があります🤔

 

この「低位舌」は、本当に歯並びに影響を与えてしまいます。

例えば、

・反対咬合(受け口)

・出っ歯

・歯並びのガタガタ

など、

 

「低位舌」というのは、このように歯並びに悪影響を及ぼしてしまうのですが、それだけではありません。

 

「低位舌」は、「口呼吸」を誘発してしまいます‼️

 

「口呼吸」は、厄介な悪習癖(良くない癖)となります🤔

 

特に、感染⁉️

 

身体が感染する経路のほとんどが「口呼吸」となります🤔

 

「口呼吸」になると、風邪やインフルエンザなどに感染する機会が増えてきます⁉️

 

しかし、0~2歳の時の「指しゃぶり」や「おしゃぶり」は、「👅(舌)を上」にする効果で感染しにくい鼻呼吸を学ぶことが出来ます✌️

 

「おしゃぶり」は、決して悪いことだけではなく、良い所もあるのです✌️

 

詳しくは、

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川まで✌️

宜しくお願い申し上げます🙇

 

小児矯正のページは、こちらへ😄

https://www.ha-bie.com/po.html