医院ブログ|住吉区我孫子東,あびこ駅で予防歯科・矯正歯科をお探しの方はハービー歯科・小児矯正歯科まで


なぜ、細菌学を学ぶのか✌️

2020年3月13日

こんにちは、

「健康に基づいた歯の美しさ」を提案する

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川です😄

 

今回は、

「なぜ、細菌学を学ぶのか✌️」

というお話し😁

 

なぜ、歯医者は、細菌学を学ばなければならないのか⁉️

 

それは、歯科の2大疾患といわれる「虫歯」と「歯周病」は、細菌によって起こる生体反応の結果だからです✌️

 

ただ、ここで気を付けなければならないことがあります😁

 

それは、細菌1匹により「虫歯」や「歯周病」になるわけではないということです⁉️

 

細菌の集合体、つまり、バイオフィルム(プラーク)が、「虫歯」や「歯周病」を引き起こすのです✌️

 

この細菌の集合体であるバイオフィルム(プラーク)の中には、何十種類もの細菌がお互いにチームのような組織を作り、生活をしています⁉️

 

ある1種類の物凄い悪い細菌が、このバイオフィルム(プラーク)の中に存在したからといって、必ずしもそのバイオフィルム(プラーク)が、生体に物凄い悪いことをするとは限らないことも分かっています✌️

 

そなようなわけで、

口の中に、どんな種類の細菌がいる!と言うことよりも、細菌の集合体であるバイオフィルム(プラーク)が、どのくらい期間、歯や歯肉に滞在しているのか?

 

その期間が、どのくらい長いか⁉️

それが、虫歯や歯周病になる最大のポイントとなります✌️

 

そうなると、まず、私たちが取り組まないといけないことは、

 

いかに、虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(プラーク)の歯や歯肉に滞在する時間を減らすか⁉️

つまり、

いかに、バイオフィルム(プラーク)を確実に除去するか!

 

ということになります✌️

 

そのバイオフィルム(プラーク)を除去するには、次の3つの方法があります✌️

 

・化学的除去

・生物的除去

・物理的除去

 

この中で虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(プラーク)を除去することに1番効果的なものは、何か⁉️

 

細菌学の観点からいうと、

物理的除去!

つまり、

機械的除去!

となります✌️

 

機械的除去というのは、

歯医者で行う歯石除去や日常の歯ブラシとなります✌️

 

細菌の集合体であるバイオフィルム(プラーク)にとっては、消毒薬のようなが化学的なものや、プロバイオティクスのような生物学的なものは、敵ではない!ということです😁

それが科学的に証明されています✌️

 

お口の中を健康に保とう!と思えば、まずは、歯ブラシなどの物理的除去(機械的除去)が基本となるのです😁

 

「歯医者が、なぜ、細菌学を学ぶのか✌️」

 

それは、お口の中を健康に保つために、何が1番効果的であるか!

 

それを知ることができる必要不可欠な知識だからです✌️

 

 

詳しくは、

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川まで✌️

宜しくお願い申し上げます🙇

 

歯周病治療のページは、こちらです✌️

https://www.ha-bie.com/pdt.html