住吉区あびこにある歯医者 ハービー歯科・小児矯正歯科の院長ブログをご紹介します


ハービー歯科の「ハービー」って、どういう意味⁉️

2020年4月30日

 

こんにちは、

「健康に基づいた歯の美しさ」を提案する

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知です😄

 

今回は、

ハービー歯科の「ハービー」って、

どういう意味⁉️

というお話し✌️

 

どうでもいいようなお話しなんですが、実は、当医院のコンセプトでもあるので、もの凄く大事なんです‼️

 

ハービー歯科の「行動指針」とも言えます!

 

そんな「ハービー」って、どういう意味なの⁉️

 

それは、以下の過程で「ハービー」の意味が決まりました✌️

 

ハービー歯科のコンセプトでもある「健康に基づいたしさ」の「しさ」つまり、「歯美」から始まり、

 

歯美➡︎はーびー➡︎ハービー

 

つまり、「ハービー」は、完全な造語なんです😁

 

なので、2005年にハービー歯科を開業した時、

働いてくれていたスタッフさんは、

「ハービー!」

という言葉を発するのに、かなり違和感を感じていた!のを、私は今でも覚えています😁

 

また、「ハービー」を「ビーバー」や「バービー」と度々、言い間違えられたこともありました😁

その度に「ハービーです」と言い直していました😁

今でもよくありますが😁

 

それくらい、「ハービー」という言葉は、不自然な言葉だったのかもしれません🤔

今さらですが😁

 

ただ、さすがに、ハービー歯科を開業して15年も経つと「ハービー」という言葉も、あまり違和感が無くなってきました✌️

 

考えてみると、

私の名前は「小川慶知(オガワヨシトモ)」なのですが、患者さんからは、「小川先生!」と言われたことは一度もありません😁

 

「ハービー先生!」

と呼ばれてます😁

 

そういえば、

ニックネームも「ハービー」😁

 

とにかく、「ハービー」でやってます✌️

 

 

お話しに戻りますが、

この「ハービー」の由来でもある「健康に基づいた歯の美しさ」‼️

 

実は、「ハービー」の「歯の美しさ」も大切なのですが、「健康に基づいた!」

この言葉が、実は重要となります✌️

 

「ただ、歯が美しい!」

これだと色々な捉え方が出来てしまうからです😁

例えば、審美歯科‼️

 

美しいだけ!を否定するつもりはありませんが、

 

その前に「歯の健康とは何か?」を知った上で、

 

・さらなる美を目指すのか?

 

それとも、

 

・健康に基づいた歯を目指して、歯の寿命を延ばすのか?

 

このどちらかを選択するのが、賢明ではないか!と私は思います‼️

 

次回は、「健康に基づいた歯の美しさ」の「健康」とは何か⁉️についてお話ししていこうと思います✌️

 

 

詳しくは、

大阪市住吉区の歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知まで✌️

宜しくお願い申し上げます🙇

 

ハービー歯科・小児矯正歯科の想いを、

さらに、詳しく‼️

そのページは、こちら😁

https://www.ha-bie.com/staff.html