住吉区あびこにある歯医者 ハービー歯科・小児矯正歯科の院長ブログをご紹介します


小児矯正をするメリットとは?

2020年8月8日

やっぱり、小児矯正をした方が良いの?

ハービー君、良い質問だね。
小児矯正をした方が良いかどうか⁉️
まずは、小児矯正をすると、どんなメリットがあるのか!そこから一緒に考えていこうか✌️

みなさん、こんにちは😁

健康に基づいた歯の美しさを提案する

大阪市住吉区あびこの歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知と申します✌️

小児矯正をすることで得られるメリットは、沢山あるのですが、今回は、その中から3つに絞ってお伝えしようと思います✌️

ただし、今回は、6〜7歳から小児矯正をすることを前提とします‼️

歯並びを予防できる

歯並びの早期治療によって、不正咬合(歯並びが悪い状態)を予防することが出来ます‼️

特に、6〜7歳から、歯並びの早期治療が出来た場合は、不正咬合を予防すると同時に、かなりの高い確率で永久歯を抜かない矯正治療が可能となります‼️

これは、小児矯正における最大のメリットとなります✌️

成長発育を活用できる

お顔の成長発育において、歯科矯正が影響を与えることができる時期というは、だいたい15歳位までとなります!

しかし、15歳というのは、成長発育が既に終わっている場合が多いので、もっと、早い時期からの矯正をオススメします!

それは、いつか⁉️

6〜7歳✌️

この時期というのは、上顎の成長発育が盛んな時となります❗️

しかし、この時期に上顎が正しく成長発育しないと、色々な悪い影響を歯並びに与えてしまうのです!

そうなる前に、6〜7歳の時から上顎の成長発育を小児矯正で促していくと、不正咬合(歯並びが悪い状態)を予防することができます✌️

成長発育を活用できるのは、大人では困難であり、小児の時にしかできません!

これが、小児矯正の2つ目のメリットとなります!

見た目の美しさも獲得できる

確かに小児矯正をすることにより、歯並びがキレイになり、見た目の美しさを獲得することができます✌️

実は、その見た目の美しさのベースにあるのは、鼻呼吸なんです⁉️

小児矯正では、6〜7歳の時から、上顎の成長発育を促進させながら、鼻呼吸の練習を同時にしていきます✌️

それにより得られる見た目の美しさは、口呼吸をしている人の見た目の美しさと比較すると明らかに美しくなります‼️

更に、

鼻呼吸は、口呼吸に比べて、外からの感染の確率を約1/10まで下げてくれるので、身体にも優しい呼吸法でもあるのです✌️

つまり、小児矯正をするメリットは、

「美しさと健康」を同時に目指せる治療なのです‼️

まとめ

小児矯正のメリットは、

・歯並びを予防できる

・成長発育を活用できる

・見た目の美しさも獲得できる

となります✌️

そのようなわけで、

小児矯正は、お子さんがこれから正しい成長発育する上で、とても大切な治療となるのです。

詳しくは、

大阪市住吉区あびこの歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知まで。

宜しくお願い申し上げます✌️

更に、小児矯正に興味のある方は、こちらまで💁‍♂️

https://www.ha-bie.com/po.html