住吉区あびこにある歯医者 ハービー歯科・小児矯正歯科の院長ブログをご紹介します


小児矯正で失敗しないために⁉️

2020年10月8日

子供の時、矯正治療をしたのに歯並びが「あと戻り」した❗️よく聞く話しなんだけど⁉️

ハービー君、確かに、そういう話しをよく聞くよね‼️
ただ、それは、矯正治療をどこまでしたのか⁉️それが大事なんだ。

どこまで⁉️

そう‼️小児矯正をした後に「あと戻り」をしているその多くは、「仕上げ治療」をちゃんとしてないからなんだよ⁉️今回は、それについてお話ししていきますね✌️

みなさん、こんにちは😁

「健康に基づいた歯の美しさ」を提案する

大阪市住吉区あびこの歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知と申します✌️

・「子供の時に矯正をしたんだけど、あと戻りしてきたんだよね🤔」

・「子供の時に矯正を途中でやめてしまい、歯並びがガタガタなんだよね🤔」

・「矯正治療が終わった後に、あと戻り防止の装置(保定装置)をちゃんと付けなったのであと戻りした🤔」

矯正治療をした後のあと戻り⁉️色々とあると思います‼️

今回は、

「お子さんの小児矯正で失敗しないために」

親御さんは、小児矯正での失敗の一つである「あと戻り」を見据えて、何を気を付けなければならないのか?

それについて、お話ししていきたいと思います✌️

では、何を気を付けなければいけないのか❓

それは、

「仕上げ治療」をちゃんとしているかどうか!

ということです⁉️

多くの親御さんは、

小児矯正で歯がキレイに並び始めると、もう終わった⁉️と勘違いしてしまいます‼️

確かに、その気持ちも分からないでもないのですが、歯がキレイに並び始めた後に、更に、歯並びをキレイにする必要があるのです✌️

それが、「仕上げ治療」となります。

ここを怠ると、あと戻りをしやすくなります⁉️

では、

この仕上げ治療とは、一体どういうものなのでしょうか⁉️

それは、

ブラケット治療✌️

そして、仕上げ治療で、良い歯並びになった後に、更に、あと戻りを減らすための「保定装置」が必要となります‼️

それにより、しっかりとした歯並びを維持することが可能となります‼️

「保定装置」とは、

下の写真のような、いつでも取り外し出来る保定装置や、

表から見えない歯の内側(舌側)に付ける保定装置(下の写真)があります。

最終的には、矯正治療後の良い歯並びを維持するために、自分の歯を守る「歯医者さんの定期検診」と同様、定期的な「あと戻り」のチェックも大切となります✌️

歯並びがキレイになりました⁉️

ハイ、終わり‼️

では、決してないんですね‼️

しかし、現在は、小児矯正の治療技術が物凄くレベルアップしていますので、仕上げ治療であるブラケット治療の期間が、以前よりも短くなっています‼️

患者さんが矯正治療を受ける環境は、非常に良くなってきているんですね✌️

親御さんが、受けてきた矯正治療とは、かなり変わってきていますので、ご安心ください。

小児矯正で、歯並びがキレイになったら、もう終わり✌️ではないんだね‼️

ハービー君、その通り‼️
あと戻りのことを考えるのならば、「仕上げ治療」の大切さを忘れないでくださいね✌️

詳しくは、

大阪市住吉区あびこの歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知まで✌️

宜しくお願い申し上げます😁

更に、小児矯正に興味のある方は、こちらまで💁‍♂️

https://www.ha-bie.com/po.html