住吉区あびこにある歯医者 ハービー歯科・小児矯正歯科の院長ブログをご紹介します


デンタルフロスを使っている人必見‼️使い方を間違えれば、あなたの歯ぐきは下がります⁉️

2021年1月21日

歯医者さんで、虫歯や歯周病の予防には、デンタルフロスが良い❗️と聞いて、使っているんだけど、、、。
どうも、最近、歯ぐきが下がってきている気がするんだよね🤔

ハービー君‼️
もしかして、それ!
デンタルフロスの使い方を間違っているかもしれません⁉️

え〜⁉️そうなの〜‼️
デンタルフロスの使い方!
教えて〜😢

みなさん、こんにちは😁

「健康に基づいた歯の美しさ」を提案する

大阪市住吉区あびこの歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知と申します✌️

デンタルフロス!

使ったことあるでしょうか?

たぶん、一度は、使ったことがあると思います!

あの!糸が付いているアレです‼️

(デンタルフロスとは、細い繊維を束ねて糸状にしたもので、歯と歯の間の狭い隙間に通して、歯ブラシでは落としきれない歯垢(プラーク)をかき出すためのもの)

ちなみに、デンタルフロスには、2つのタイプがあります✌️

ホルダータイプ

(糸楊枝と言われるタイプ)

ロールタイプ

(糸がロール状に巻かれているタイプ)

特に、使いやすい糸楊枝(ホルダータイプ)は、歯医者さんでもススメられた!ことがあるのではないでしようか?

でも、その「デンタルフロス」を歯医者さんで、虫歯や歯周病予防のために良い!と言われて、使ってはいるんだけれども、、、。

どうも最近!

歯と歯の間の歯ぐきが下がってきているような気がする🤔

もしかして、それ⁉️

デンタルフロスの使い方を間違えているかもしれません‼️

今回は、このデンタルフロスを使う上で!

歯ぐきを下げないために!これだけは、知っておいて欲しい!というポイントを1つ!お伝えしようと思います😁

では、ここで、みなさんに質問です✌️

デンタルフロスを使用する時!

(下の絵を参考にしてください。)

①歯ぐきの中まで入れて、デンタルフロスを使用している

②歯ぐきよりも上(歯の部分)で、デンタルフロスを使用している

①番と②番⁉️

どちらの方法で、デンタルフロスを使用していますか❓

もし、自分の歯ぐきを下げたくないのであれば、

①番ではなく、②番が正解となります😁

つまり、

デンタルフロスで歯ぐきを下げないためには、歯ぐきよりも上で使うこと!

それが、大切なポイントとなります✌️

そうなんだ‼️
じゃー!なんで、歯ぐきを下げないためには、①番でなく②番が正解なの⁉️

その理由について、YouTube動画で詳しく解説をしていますので、是非、ご参考にしてください😁

ハービー君!
実は、歯ぐきを下げる原因は、他にも色々とあるんだよ‼️
その1つが「磨きすぎ」
そのYouTube動画も、是非、活用してください✌️

歯磨きって、気を付けることが多いんだね🤔

今回も、ブログを読んでいただき、ありがとうございました😊

詳しくは、

大阪市住吉区あびこの歯医者

ハービー歯科・小児矯正歯科の小川慶知まで😁